Share Button

最近引っ越しをしました。

といっても、サーバーのお話です。

気持ちも新たに、
新しいサーバーのプログラムで
このメールをお届けしています。

さて、どうして僕が
サーバーを引っ越ししたかと言うと、

【SSL】

に対応する必要があったからです。

ん?SSLって何?
と思ったあなた。
とても大事なことなので
しっかり読んでくださいね。

【SSL】とは、
Secure Sockets Layer
の略で、

通信を暗号化する技術で、
Webサイトから個人情報などを
より安全に通信できるようにするものです。

特に、
メールアドレスやクレジットカードなどの
個人情報を扱うフォーム・決済ページには
以前から重要視され、

検索サイト大手のGoogleも、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「SSL(HTTPS)対応サイトの検索結果を優先する」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と言っていましたが、

今年からGoogleChromeで、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パスワードやクレジットカードを送信する
HTTP サイトでは、
「安全ではない(Not secure)」表示される
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ことになりました。

また、去年ぐらいから、
サイトの全てのページをSSLにする

【常時SSL】

も主流になりつつあります。

ホームページはあなたのビジネスの顔です。
安全な通信も上質なブランドイメージにつながります。
(というか、もはやSSLじゃないと
赤く表示されるようになるわけですが。。。)

とはいえ、個人レベルで対応している人は
まだまだ少ないのが現状です。

逆に言えば、今対応しておけば、
SEO的にも有利ですし、
ユーザーに安心感を与え
信頼を得られるかもしれませんね。

さて、ではSSLをどのように
導入したらいいか。

レンタルサーバーを使って
ホームページを運営している場合、

ご利用のレンタルサーバーが
オプションで提供しているはずですので、
そちらをご確認ください。
(サーバーの操作、サイトの設定は必要になると思います。)

もし、この機会にサーバーの
お引っ越しをご検討されるようであれば、
SSLが無料で使える
エックスサーバー」がおすすめです。

(僕は以前ロリポップを使用していましたが、
SSLだとかなり割高になるので
エックスサーバーに引っ越しました。)

少し話が専門的になってしまいましたね。
でも、安心してください。笑

Webサイトは敷居が高いと思っている方も多いのです。

○人に作ってもらったけど編集の仕方がよくわからない。
○昔作ったまま、サイトを放置している。
○ブランディングをサイトに生かしきれていない。
○いっそのことサーバーを引っ越してデザインもリニューアルしたい。
○未だにFlashを使っていて、HTML5に変更したい。
○スマホでも読めるように調整したい。

など、あなたのWebサイトのご相談を承ります。
初歩的なギモンでもお気軽にお尋ねください。

◆ホームページのご相談
詳細はこちら

◆こちらもチェック!
ブランディングのコツ教えます
Share Button