Share Button

好きなことをビジネスに!
と僕は常にお伝えしていますが、

これは単に、

「その方が人生楽しいでしょ?」

という理由だけではありません。

たとえば、
あなたが長い時間をかけて追求してきた好きなこと(ここではライフワークと呼びます)は、

最近興味を持ち始めた人にとっては

「超大先輩」

であり

「お金を払ってでも教えてもらいたい」存在

かもしれませんね。

ひと昔前の「オタク」と呼ばれる人たちは、
当時は内気でとっつきにくいというイメージがあって、
社会的に今よりも肩身の狭い立ち位置にいたと思います。

しかし、インターネットが普及して個人が情報を簡単に発信できるようになると、

海外からも

「サイコーにクールな文化」

として見られる事ようになりました。

おそらく本人は、

「好きなことに夢中になっているだけ」

かもしれませんが、

そこにカルチャーが生まれ、そこに人が集って経済効果をもたらしているわけです。

もし、彼らが自分の好きなことを諦めて、仮に事務職に就いたとしても、
エクセルが操れる人材はたくさんいるわけです。

ビジネススキルはもちろん大切ですが、その人が一番才能が発揮できる、

いわば
「オタク」な部分

が、最大限に発揮できたときに、同じような仲間が集まって盛り上がっていくのだと思います。

以前も、

「1万時間の法則(その道のプロフェッショナルになるには10,000時間ぐらい必要)」のお話をしましたが、

あなたがすでに10,000時間ぐらい没頭しているライフワークがあるならば、
あなたの最高の武器になるかもしれません。

あなたのライフワークで、他の人とシェアできることはありますか?
自分が心から好きなことについて柔軟に考えてみましょう。

◆こちらもチェック!
ブランディングのコツ教えます
Share Button