Share Button

頭の中のことをなるべく紙に書き出してクリアにしておくと、
考えがまとまったり、アイデアが浮かんだりする、というお話をしてきましたが、

今日は、そのメモの進化系ともいえる活用法をお伝えしようと思います。

その名も、

「自分戦略会議」

です。

会社員の方は、当たり前のように毎週会議をやると思います。
それをあえて一人でやってみるのです。

月に1回ぐらい、できれば、ホワイトボードが使えるような会議室を1〜2時間借りて、
自分のビジネスに必要な取り決めや、現在の課題、
やらなければいけないことを優先順位ごとにスケジュールに落とし込んでいきます。

たとえば、ホームページを作るという「自分戦略会議」をするとしましょう。

どんなページが必要か、どんな内容を伝えるか、これを読んだ人はどんな疑問を持つか、
最終的に申し込みをしてもらうにはどうしたらいいか、、、

など、自分でツッコミをいれながら思ったことをどんどんホワイトボードに書いていくのです。

書き出すという点ではメモ帳でもいいのですが、
ホワイトボードに書いていくと、キャンバスが広い分、驚くほど効率よく頭が整理されていきます。
また、お金を払って時間借りした空間では程よい緊張感も生まれ、無駄な思考を遮断できるというメリットもあります。

書き出したものは、携帯のカメラなどにおさめておけば、バックアップがとれて便利です。

しかし、ここまでやったらぜひ、最後に議事録を作成してほしいのです。

議事録の残し方

議事録といってもとてもシンプル。

どうやるかというと、
携帯の録音機能を利用して、今日の会議の内容、課題、決定事項、アクションのスケジュールなどを「5分間で一発録り」するのです。

改めてアウトプットすることで記憶の定着にも役立ちますし、
5分にまとめてしゃべるというスピーチの練習にもなります。
セミナー講師や、講演などをやりたい方には絶好の教材にもなるでしょう。

内容を確認するために聞くわけですから、話し方や言葉のチョイス、
発声やペースなど細かいところもまとめてチェックできるわけです。

僕は、月に一度、都内の会議室を借りて
1カ月の事業プラン(サイトやメルマガの記事のネタだし、スケジュールの調整、新しいビジネスのアイデアなど)をホワイトボードに書いてまとめ、議事録を録音してそれをもとに作業にとりかかります。

「書いて頭を整理」して、
「話して記憶に定着」する(人前で話す練習にも)。

忙しい人ほど、しっかりと時間をとって「自分戦略会議」してみてください。

◆こちらもチェック!
ブランディングのコツ教えます
Share Button