Share Button

今日は「あなたの人生」というスケールで仕事を見ていきたいと思います。

社会人になって会社勤めをすると、1日8時間以上働きますよね。

新卒で会社に入って65歳の定年まで働くとすると、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8時間 × 5日 × 52週間 × 43年間 = 89,440時間
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

となります。

24時間ぶっとおしで働き続けたとしても、実に10年かかる計算です。
気が遠くなる話ですね。。。

これからの時代は、定年が延長されるという話もあるので、
実際はもっと労働時間は増えると予想されます。

さて、時間に関して面白い話があります。
あなたは聞いた事があるでしょうか。

マルコム・グラッドウェルの 「天才! 成功する人々の法則」という本に、
【10000時間の法則】というものがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天才! 成功する人々の法則」マルコム・グラッドウェル著
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは、努力や根性に依存するのではなく、
人のスキルは「費やす時間によって決まる」という研究の結果です。

=======================
1,000時間で、その分野のおおよそを理解できる(問題なくこなせる)レベル
10,000時間で、その道のプロフェッショナルと呼ばれるレベル
=======================

向き不向きなどの特性はもちろんありますが、
だからといって、「これが自分に向いていない」というのは、
単に費やす時間が足りていないということかもしれません。

たとえば、将来ネイティブ並みに話せるようになることを目標に、
毎日10分スキマ時間に英語教材を聞いて勉強している、という僕の友人がいます。

彼が、10,000時間に達するのは何年後でしょうか?

1日も休まずに続けたとして、【約165年】かかるのです!!
はい、来世に期待しましょう。(笑)

ところが、仮に四六時中英語を話すような環境の仕事に思い切って飛び込んだらどうでしょうか。

1日あたりの英語時間が、
10分から一気に8時間になります(単純計算で)。

すると、【5年】もかからずに10,000時間に達するでしょう。

好きなことを仕事にするメリットは、ただやりがいがある、
というだけではなく、
より社会に還元できる専門的なスキルを早く身に付けることにもつながります。

たとえば、アフターファイブや週末を利用して、

カウンセラーやコンサルタントなら、
まずは無料で、なるべくたくさんの人の悩みを聞いてまわる

芸術家なら、今やっていることを10,000時間継続して追求する

など、今からできることを探して、最初の1歩を踏み出すことが重要です。

会社にいる「89,440時間」を、違うことに使うなら、
あなたは何に使いますか?

参考文献:
天才! 成功する人々の法則
マルコム・グラッドウェル著

◆こちらもチェック!
ブランディングのコツ教えます
Share Button