Share Button

突然ですが、あなたのビジネスで
「やらないこと」は決めていますか?

個人事業主であれば、営業から経理まで全て自分でこなさなければならない。
仕事なんだから「やらない」なんて言ってられない。

そう思う方が意外に多いのですが、
実は、当方の9マスブランディングの項目の1つに入っているほど、
特にビジネスをスタートする際には、押さえておいてほしいポイントなのです。

「やらないこと」とは、具体的には、
・スーツは着ない
・早朝の打ち合わせはしない
・下請けはしない
・キャンペーン以外での割引はしない
・満員電車に乗らない
・自分でチラシを配らない

などです。
これらは実際に個人コンサルティングで私のクライアントが決めた項目です。

「やらないこと」を決める理由は3つあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ あなたの労力やモチベーションを犠牲にする必要がなくなる
■ 得意なこと、やりたいことに注力する時間が生まれる
■ やらなくて済む方法を導き出すため、クリエイティブなれる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もちろん、
・経営をしない
・ビジネスモデルを考えない

というのは経営者の主な仕事なのでリストには入れられませんが、

エネルギー効率が悪いもの(労力・時間・モチベーションを奪うもの)は、
早い段階で「やらない」と決めることが重要です。

たとえば、「割引しない」と決めておけば、
割引に応じてブランド価値を不用意に下げることもないし、
割引せずに売上を上げる独創的なアイデアを生み出す環境を創ることにもなります。
また、自然と「割引してよ」という顧客が減って売上が上がるなど、おもしろい現象が起こることもあります。

ホントはやりたくないこと。
やらなければいけないと無理してやっていること。
それが本来のあなたのパフォーマンスを下げる要因になっているかもしれません。

ブランディングには「やらないこと」も明確にしておくべきだと私は考えています。

9マスブランディングでは、あなた自身を棚卸しして土台を作ります。
やらないことを決めることで、気持ちがブレなくなり、
時間的にも余裕がうまれ、そのエネルギーをまた新しいビジネスに再投資する。
そんな好循環を生み出すためにも、「やらないこと」を決めてみることをおすすめします。

Share Button